店主の挨拶


店主挨拶

実は、妻が結婚してすぐに病を患い、寝たきりに近い状態になってしまったのです。
そこへ義父が、家業の理容店への転職を誘ってくれたのです。
妻の病状も看ながら仕事をする事が出来ると考え退職を決意。理容師を志すことを決めました。

修行中は病床の妻も技術・メンタル両面でサポートしてくれ、私も妻が一日も早く元気になりますようにとそれに励みました。
お客様も義父も成長に期待し、見守って下さいました。
理容師免許を無事取得してこれからという時に、今度は義父も病に侵され1年の闘病の末に急逝。
私は突然、店の全てを背負う事になってしまったのでした。
ご挨拶1

ご挨拶2

妻の病状も万全ではなく、理容の技術も未熟で、これから先どうなるのか?
という不安感に押し潰され、逃げ出したい衝動にかられましたが、妻もお客様も成長を信じ、励まし続けて下さいました。
それに応えるのが亡き父への孝行にもなると思い定め、
先代が残してくれた理容白石の「いつもの」と、私なりの理容を通じてお世話になった皆さまに恩返ししたい!という気持ちが心から湧き上がりました。

ノンビリ心地よく、気遣いなく過ごせる空間と互いのコミュニケーションを通じて、癒やしを求める男性の役に立ちたいと思っています。
あなたらしい「いつもの」を探求し、「いつもの」で通じる散髪、痛くなく気持ちの良いシェービング、スタイリングが楽になるアイロンパーマなどでお役に立ちます。

「気楽に末永く付き合える床屋を探してたんだ!」という方は、まずは予約のお電話をして下さい。下記お問い合わせのフリーダイヤルからどうぞ。

ギャラリー

ギャラリー
ギャラリー1
お店の入り口とアナウンスボードです。

ギャラリー2
入店時、スリッパへの履き替え推奨のお店です。 店内の衛生に考慮しています。

ギャラリー3
風除室には掲示希望のちらし・ポスターなどを貼ります。先代の懐かしい写真も掲示しました。


ギャラリー4
掲示ギャラリー上には理容師免許を掲示してあります。

ギャラリー5
引き戸内にはトイレが設置されています。

ギャラリー6
理容白石ストーリーに戦後より感染症とたたかってきた先代のポスターを掲げています。店販品や漫画もあります。


喫茶スペース「利休」
喫茶スペース「利休」です。設置の天然水で喉を潤したり読書をしたりしてお過ごしください。モバイルバッテリーシェアリングサービスを導入しました。

ギャラリー8
喫茶スペース「利休」の待合スペースは、天然木一枚板を贅沢に使用したベンチに、浜松遠州綿紬の座布団をしつらえています。

ギャラリー9
店内奥のリラクゼーションブースには、理容白石ファンギャラリーを設置。


ギャラリー10
モバイルバッテリーシェアリングサービスを始めました。

ギャラリー11
リラクゼーションブースにはゆったりと横になってヘッドスパをご体感いただけます。 外からの視線を遮る事で個室としてご利用になれます。





お問い合わせはこちら
0120-02-1871
営業時間/8:00~19:00
定休日/月曜日、第1・第4火曜日、第2・第3日曜日、その他店舗指定日